【梅小路ポテル京都】朝食、ラウンジ、飲み放題!ホテル時間満喫でリピ確定!!

当ページのリンクには広告が含まれています。

和モダンの綺麗なホテル。

無料サービスも充実していて、ご飯も美味しいとの評判がある『梅小路ポテル京都』に泊まりました。

京都の美しい風景と伝統的な文化に包まれながら、新たなホテル体験を楽しむなら、梅小路ポテル京都がおすすめです。

梅小路ポテル京都は、2020年10月にオープン。

京都の伝統を大切にしつつ、独自のコンセプトも融合させて「新たなホテル体験」ができる場所になっています。

口コミには高評価が並ぶと同時に、もっとゆっくり滞在したかったとの感想も。

私ももう一度訪れて、体験できなかった施設を体験したり、京都の味覚やのんびり時間を堪能したいです。

そんな『梅小路ポテル京都』の紹介を、感想やたくさん撮った写真を交えてお伝えしたいと思います。

ところで、どうして「ホテル」じゃなくて「ポテル」っていうの?

ポテルは、ホテルとポート(Port)を合わせた造語で、地域に根差しながらも国内外の人々との交流の玄関口となりたいという想いから造られました。

ホテルに「゜」を付けることで、「ご縁(ごえん)」に繋がるようにとの意味もあわせてもっています。

NAVY
ポテという語感もかわいいですね

梅小路ポテル京都について知りたい!

  • 部屋はどんな感じ?
  • 無料サービスが充実してるってホント?
  • 朝食ビュッフェについて知りたい

その他にも、紹介する項目を色々と挙げてみました。

  • 部屋のタイプ
  • ラウンジ(あわいの間)
  • お風呂(ぽて湯)
  • アクセス、駐車場について
  • 口コミ

「ここが良かった」という感想や「こうすれば良かった」という反省点などもあります。

素敵な旅にするための参考になれば嬉しいです。

目次

梅小路ポテル京都のおすすめポイント3選

まずいきなりですが、ざっくりと良かったと思ったところを3つ。

  1. 和モダンでおしゃれなデザイン、綺麗で快適な客室
  2. 無料のスナックとドリンク(アルコールも!)が凄い
  3. 滞在時間を満喫できる場所がたくさん!

・ホテルの外観、施設、客室などどれをとってもデザインが秀逸でおしゃれです。インテリアや雑貨も欲しくなるものばかり。客室内も綺麗で広くてとても快適でした。

・たぶん口コミでも良い意見が多いと思いますが、無料のスナックとドリンクが多く、しかもアルコールまで飲み放題で用意されているのには感激しました。

「あわいの間」「ぽて湯」「ルーフトップ」など、のんびりしたり楽しんだりできる場所が多いところも良かったです。滞在時間を満喫できました。

良かったと思う点はいろいろあるのですが、大きく挙げると上記になります。

この後詳しくご紹介していきますね。

梅小路ポテル京都の部屋のタイプとおすすめの部屋

ウッドフラットツイン:梅小路ポテル公式HPより引用

まず、客室についてご紹介します。

客室と眺望

梅小路ポテルはL字型で5階建の建物。客室の構成をざっくり分けると、南側にある梅小路公園の眺望が楽しめる「ガーデン」、西側のすざく夢広場に面した「パークサイド」、靴を脱いでくつろぐ和スタイルの「ウッド」になります。

ガーデンツインのお部屋

私は、ガーデンツインを予約しましたが、梅小路公園側の景色が眼下に広がるお部屋でゆったりした気分を味わえました。

バルコニーで外を眺めながらのんびりできるほか、お風呂もバスタブがあるので、「ガーデンタイプ」のお部屋がおすすめです。特に春や秋の過ごしやすい季節は、眼下の公園や遠くに見える東寺を眺めながら、挽きたてのコーヒーや絞りたてのビールをバルコニーで楽しむのもいいですね。

客室内のアメニティと設備

客室内は、広さとデザインの美しさを感じます。

過度な装飾がなく、ナチュラルな木の色とリネン類のアイボリーが柔らかいイメージでとても落ち着く内装でした。

雑貨アイテムもおしゃれで、電気ポットはBalmuda(バルミューダ)、コーヒーカップはKINTO(キントー)が使われています。

コラボしている牛乳石鹸の赤い箱も懐かしい感じがして、気持ちがほっこりしました。

電気ポットはバルミューダです

室内着は、上が紺色、下がグレーのセパレートタイプ。着やすくて快適でした。

ガーデンタイプのお部屋にはバスタブもあります

ポイント

  • 客室の種類:ガーデンタイプ、パークサイドタイプ、ウッドタイプ
  • ガーデンタイプにはバスタブがあり、バークサイド、ウッドタイプはバスタブは無くシャワーブースになっている
  • ホテル南側にある梅小路公園の眺望を楽しめる「ガーデンタイプ」がおすすめ

楽天トラベルの楽天スーパーDEALで予約しました

梅小路ポテルの予約は、楽天トラベルのスーパーDEALで申し込みました。

楽天トラベルのスーパーDEALとは

スーパーDEALに掲載されているプランを利用すると、宿泊料金の30%~40%の楽天ポイントが貯まります。
楽天会員なら誰でも利用することができ、獲得したポイントは1年間有効です。(期間内に1ポイントでも獲得すれば更に有効期限は延長されます)

NAVY
ガーデンツイン(朝食付き)で40%ポイント還元というプランが出ていて、とてもオトクに泊まれました

日程や特集、プランから探すことができるので、どんな宿泊プランがあるかチェックしてみるのもいいかと思います。

梅小路ポテル京都のラウンジスペース「あわいの間」

梅小路ポテル京都では宿泊者が自由に利用できる施設が充実しています。

宿泊者専用のラウンジ「あわいの間」や大浴場「ぽて湯」、キッズスペース、カフェなどがあり、ホテル内での滞在も十分に楽しむことができます。

あわいの間

「あわいの間」と呼ばれる宿泊者専用のラウンジでは、アルコールを含むドリンクが無料で提供され、本や音楽、ゲームなど複数の娯楽が用意されています。

ドリンクスペースは2階と3階にあり、自由に利用できます。

2階~5階にあるコンセプトが異なるラウンジスペース「あわいの間」

2F:BOOK ブックソムリエ選出の本が並んでおり、自由に読むことができる(貸出可能)

3F:GAME 多様なボードゲームがあり、そこで楽しむことができる(一部貸出可能)

4F:MUSIC 京都を中心に活躍するアーティストが選んだレコードが取り揃えられていて、そこで聴くこともできる

5F:MOKU 木のおもちゃなどで遊べる空間

部屋に持ち帰って読むこともできる
赤いソファもおしゃれ
くつろげるラウンジ

ドリンクコーナー(2F、3F)

3Fのドリンクコーナーでは、用意されているコーヒー豆を自分の好きな加減で挽くことができます。家族やカップルで楽しそうにコーヒーを淹れている姿が見られました。

Drink Space 利用時間
2F-15:00~22:00 / 7:00~10:00 *アルコール提供は15:00~22:00のみ
3Fー15:00~21:00/7:00~10:00

3種類のコーヒー豆が用意されていました
備え付けのコーヒーミルで自分で豆を挽きます

そして、一番のお目当てのドリンクコーナーは2Fに。

自分で入れることができるドリンクサーバーやビールサーバーが設置されています。

スナック類もこちらにあります。飲み物もスナックもカップに入れて運ぶので、部屋からトレーを持参してくるといいでしょう。

自分で注げるビールサーバー
ワインも飲み放題です!

赤ワインは常温で、白ワインは冷やしてあります。

月の小石というチョコレート、綺麗で食べるのがもったいない
3つの飲み物のうち2つはお酒です

滞在時間中、ドリンクコーナーへは、5~6回行ってます(笑)

ポイント

  • アルコールの提供は15時~22時
  • 利用時間の終了間際は混みあう
  • 複数の飲み物や食べ物を持って移動する場合は、部屋からトレーを持って行くと便利

屋上テラス(Roof Top Terrace)

宿泊者は屋上のRoof Top Terraceを自由に利用でき、京都の景色を楽しむことができます。

夜と朝では雰囲気が全然違いました。

遠くに新幹線が走っている姿を眺めることができるので、電車好きのお子様などとても喜ばれそうな場所です。

トレーにスナックや飲み物を乗せて持ってくれば、のんびり時間をより楽しめます。

ライトアップされた京都タワーが綺麗でした
朝の屋上テラスは気持ちいいです
新幹線と東寺のツーショット

Roof Top Terraceの利用時間
15:00~24:00 / 4:30~11:00

梅小路ポテル京都の朝食ビュッフェ

梅小路ポテル京都は、朝食にもこだわりが。「京都を味わえる朝食」として、新鮮な食材を使用したビュッフェが提供され、約30品目に及ぶ品々が食べ放題となっています。

チェックイン時に朝食の時間も30分刻みの枠で予約をするのですが、人気のため結構混みあっていました。

大きな窓から朝の光が差し込む中での朝食。外の公園の緑も心地よくて、美味しいご飯がさらに美味しく感じられました。

京都の味覚が味わえる朝食ビュッフェ

朝食に使用される食材には、地元の特産品や京都の味覚がふんだんに取り入れられています。以下はその一例です。

京丹後のお米「ミルキークイーン」: 朝食の主役とも言えるお米は、京丹後で育まれた「ミルキークイーン」。ふっくらとした食感と風味が楽しめます。

鞍馬炭で焼き上げる「炭焼きグリル」: 炭の香りが広がる中で焼き上げられた料理が用意され、新しい朝のスタートを演出します。

美山で育った平飼いたまご「美山卵」: 地元の卵を使用した料理が充実。特に美山卵の風味が料理に深みを与えます。

京都のお漬物「ぎおん川勝」: 伝統的な漬物も豊富に用意。地元の味覚を感じながら、朝からバラエティ豊かな食材を楽しむことができます。

ごろごろ大粒の「黒豆納豆」: 朝から元気をチャージするために、栄養豊富な納豆も用意されています。

のどかな環境で育まれた「美山ヨーグルト」: 健康的な朝食に欠かせないヨーグルトも地元のものを使用。新鮮でクリーミーな味わいが楽しめます。

京都産のパン「進々堂」: 地元の有名なベーカリーから提供されるパンも選べます。朝食にぴったりのサクサク感が堪能できます。

ライブキッチンで焼きおにぎりなどを作ってくれています

手作りの焼きおにぎりは、外はカリッと中はふっくらとした食感。朝の食欲を刺激します。

ドリンクは、オレンジジュースやアップルジュースはもちろん、コーヒー、紅茶も飲み放題。

種類がたくさんあるので、朝からさまざまな味覚を楽しむことができます。

デザートは和風のものが多いですね。

少しずつ取ったつもりですが、かなり盛沢山になっています

お部屋でゆっくり朝食を食べたい方はテイクアウトで

朝の時間を有効に使いたい宿泊者のために、「Breakfast Basket~朝食バスケット~」が用意されています。

列に並ぶことなく、自身でお好きな料理やドリンクをテイクアウトBOXに詰めて、部屋でゆっくりと朝食を楽しむことができます。

梅小路ポテル京都のお風呂「ぽて湯」

梅小路ポテル京都には、銭湯のような雰囲気漂う大浴場「ぽて湯」があります。昭和レトロな趣きが特徴で、その雰囲気と共にゆったりとした入浴が楽しめます。

じゃらんより引用

ぽて湯の営業時間
宿泊者:15:00~25:00 / 6:00~10:00
一般(銭湯のみ利用):15:00~20:00
サウナ完備

じゃらんより引用

ぽて湯は、お風呂の壁に描かれた絵や洗い場の蛇口など、昭和時代の銭湯の雰囲気を再現しています。レトロな趣きの中で、リラックスした時間を過ごせます。

宿泊者はホテル内の専用通路を通ってぽて湯にアクセスできます。朝も6時から利用できるのは、宿泊者の特権ですね。

ぽて湯に向かう途中に、アメニティバーが設置されています。ヘアブラシ、コットン、ヘアゴム、カミソリ、綿棒などのバスアメニティは備え付けられていますが、牛乳石鹸やタオルなど一部のアメニティは持参が必要です。

大浴場(ぽて湯)の混雑状況は、客室のテレビ画面で確認できます。空いた時間を狙って利用できるので、便利です。

ポイント

  • タオルは持参が必要(シャンプー、トリートメント、ボディソープは備え付けあり)
  • 一般客が利用できる時間帯があるので注意(15:00~20:00)
  • 大浴場(ぽて湯)の混雑状況は、客室のテレビ画面で確認できる

梅小路ポテル京都のアクセスとロケーション

梅小路ポテル京都の概要

住所〒600-8835京都府京都市下京区観喜寺町15
TEL075-284-1100
チェックイン/チェックアウト15:00/11:00
総部屋数144室

アクセス

応援ポチ☆よろしくお願いします ↓

PVアクセスランキング にほんブログ村
【梅小路ポテル京都】朝食・ラウンジ・飲み放題!ホテル時間満喫でリピ確定!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次